印刷方式の違い

印刷とは文字や画像などの原稿を、紙などに転移して複写する技術をいいます。
印刷前の工程では、版を作製する有版印刷とデジタル化による版を使用しない無版印刷があります。


有版印刷の方式には4種類があり、版の中でインキの付く部分と付かない部分がどのような作りになっているかなどの違いで分けられています。


・平版印刷(オフセット印刷)現在の有版印刷における最も一般的な方式で、版が水と油が反発することを利用しています。
オフセットの「OFF・SET」とは、「付けて離す」という意味のとおり、版に付けたインキをブランケットに転写=OFFしてから紙などに転写=SETする間接的な印刷方式です。
オフセット印刷機は一枚一枚の紙に印刷するオフセット枚葉印刷機と、ロール状に巻き取られた紙に連続で印刷するオフセット輪転印刷機があります。
チラシやパンフレット、記念誌や文集などに向いています。


・凸版印刷(活版印刷、フレキソ印刷)凸凹のある版を使用し、凸部分にインキを付けて紙に転移する印刷方式で、木版画や印鑑の原理と同じものです。


・凹版印刷(グラビア印刷)版面に作った凹部分にインキを詰めて紙に転写する印刷方式で、雑誌のグラビアページなどの写真に適しています。


・孔版印刷(スクリーン印刷)インキが通る部分と通らない部分がある版を使用した印刷方式で、曲面印刷が可能なためプラスチックやガラス製品、Tシャツなど幅広い素材に使われます。


無版印刷の方式はオンデマンド印刷といわれています。

Copyright © 2014 オンデマンド印刷について All Rights Reserved.